場合によっては男の脱毛も

場合によっては男の脱毛も・・・

私は男なので、男の脱毛について書いてみたい。
男は脱毛は必要なのかと聞かれたら、「場合によっては必要」と答える。
特に、手足の脱毛は必要なのではないか。

 

例えば、夏は半そで半ズボンの服装になることがあるが、
毛深い脚で外出されると不快に思う人は多い。
たいていの人の足は毛がなく見ていても何とも思わないが、
毛深い人は明らかに目立つ。
他には、ひげなどもそっておくのが普通だ。
わざとひげを生やしている人もいるが、社会で許されるのは
一部の人だけであろう

他人からの印象を良くするために必要だ。

 

他の理由として、衛生を保つことがあると思う。
女性と比べると、男性は体のケアが十分に行わない人が多いため、
あらかじめ脱毛しておくと、衛生を保てると思う。
例えば、毛深いとゴミがたまりやすく、暑い時や湿気が多い季節だと
そのまま肌が荒れるのではないか。

 

ただ、脱毛せずに毛深いなら毛深い」ままでいいじゃないか、
という人もいると思われる。
たくましさや男らしさが強調されて好きという人もいると思う。
しかし、社会人のマナーとして、ひげなどの毛はないほうがいいのと、
女性が毛深い人を好きになるかどうかと言われると、そのような人は
少ないのではないか。

 

私自身の意見として、男の脱毛は必要だと思う。


ムダ毛の処理が必要な人と、そうでない人がいる。

私は男性には2パターンあって、ムダ毛の処理をしっかりとしないといけない人と、
反対に、一切処理をしないほうがいいという人がいると思います。

 

男性が自分で脱毛するなんてちょっとおかしいかもしれませんが、
今のイケメンの定義はたぶんツルツルお肌の色白だと思うし、
昔ながらの眉毛が太くて毛深い人感じの男性は嫌煙されがちです。

 

でも、中にはまだ女性から人気のある毛深い男性もいるので、
やっぱり剛毛のイケメンとムダ毛なしの美形イケメンの2種類に別れるんだと思います。
だから、自分にはどちらの方があうのかをしっかりと考えて、
メンズのエステに通ってみたり、自分で脱毛してみたり、男性も女性のように悩みを抱えましょう。

 

それにしても、戦後、このような時代がやってくるとは考えてもいませんでした。
平和になると、男性も女性も考え方がずいぶんと変わってくるんですね。

 

もしも、戦後すぐに男が脱毛なんて始めていたら、きっと今の女性は毛深いのが当たり前になっていたのかもしれません。
未来は分からないものです。