レーザー脱毛 お肌 焦がさない

レーザー脱毛はお肌を焦がさないのかな。

レーザー脱毛って、そのまんまレーザーを使ってムダ毛の毛根を潰すらしいけど、
それって普通のお肌に直接レーザービームが当たるってことですよね。
焼き焦がすために作られたレーザーを脱毛なんかに使っていいのでしょうか?

 

お肌を焦がしてしまわないように特殊なクリームを塗るとかならないいんですけど、
もしもお肌が極端なダメージを負ってしまったら最悪です。

 

ムダ毛を破壊するだけの威力は、時として諸刃の剣ともなりうると感じました。

 

ただ、医療系統の脱毛方法は実はこれしかないそうです。
脱毛エステサロンで働いている友達が言っていましたが、
他には一番痛さがヤバイと言われているニードル脱毛での毛根の破壊。

 

永久脱毛については、ニードル脱毛と医療レーザー脱毛の2つしかないそうです。
となると、フラッシュ脱毛は普通に永久的にムダ毛を処理しなくてもいいようにはならない、
と言うことになります。

 

結局、ニードルかレーザーかしか選べないのだとしたら、私は断然こちらを選びます。
医療用レーザー脱毛の力を借りて、全身脱毛の効果を永久的に感じたいです。


脱毛はオススメです。

私は、高校生の頃からレーザー脱毛をしていました。

 

初めてムダ毛が気になり出したのは中学生の頃からで、思春期というのもあり周りのクラスメイトにムダ毛が見られないかすごく気になって、この頃からムダ毛はカミソリでしっかりと処理していました。

 

友達の会話にもたまにムダ毛の話題が出たりして、半袖だと腕を上げた時にちらっと脇毛が見える人がいたり、

 

普段は制服のスカートで膝から上は見えないけどちらっと見えた時に膝から下はツルツルで上がボーボーなのかはっきりしてる人がいるなど、

 

色んな目撃情報があるので自分はそうなってはいけないと念入りに処理していました。

 

私が高校3年生になった頃に母が、友達からレーザー脱毛を紹介されたから一緒にやらない?と誘ってきたので、私ももともと気になっていたのでやってみることにしました。

 

最初は脇毛の脱毛だけにしたのですが、何回かやっていくうちにみるみる脇毛が生えて来なくなってきました。

 

ムダ毛の処理はいつもけっこう時間を使っていたので、こんなに楽に毛が生えてこなくなるなんて、もっと早くやりたかったなと思いました。
それから高校を卒業してからはすぐ就職して、お金が安定してきた頃に、やりたかった全身脱毛をすることにしました。

 

今では全身脱毛も終わって、カミソリなどでムダ毛の処理を全くしなくても全然へっちゃらです。
それに、カミソリなどで処理をすると肌が傷付くそうなので、レーザー脱毛は本当にオススメです。

 

もし自分の子供が大きくなってムダ毛が気になり出してきた時にはまたレーザー脱毛を紹介したいと思います。